AWSのクラウドデータベースとは

クラウドサービスは、従来は個々のコンピュータで利用・管理していたデータやソフトウェアを、ネットワークを経由して利用者に提供するサービスです。
IT業界では、ネットワークを「雲」の形で表すことから「クラウド」の名称で呼ばれるようになりました。



自宅や会社、外出先など、さまざまな環境でパソコンやスマートフォンでデータを閲覧、編集、アップロードでき、データを共有するグループウェアのようにも使えます。


システムを最初から作り上げるよりもコストパフォーマンスもよく、サービスの品質やセキュリティー技術も向上してきていることから、クラウドサービスを導入する会社が増えてきています。

クラウドサービスでは、得られるデータが非常に多いため、蓄積されたデータの活用は非常に重要です。

クラウドデータベースは、システムの主役とも言えるほどで、データの継続性の確保や新たなビジネスチャンスの発見のためにも、システムの重要な構成要素となります。

AWS(アマゾンウェブサービス)は、2006年にクラウドコンピューティングの提供を開始し、現在では世界190ヵ国で数十万ものビジネスを駆動しています。

AWSは、低い価格設定なので、利用するとコストの節約になります。

グノシー情報探しのサポートをいたします。

また、言語やオペレーティングシステムに依存しないため、インフラストラクチャを気にする必要がありません。


AWSのクラウドデータベースは、ホストされたエンタープライズデータベースソフトウェア、非リレーショナルデータベースソリューションなど、いろいろなデータベースソリューションを活用することができます。


AWSのクラウドデータベースは、AWSにサインアップしてアプリケーションを起動すれば利用できます。