クラウドデータベースで見るAWS

現在、様々なクラウドと呼ばれるサービスがありますが、その中にデータベースの機能をしたサービスも存在します。

そのサービスはクラウドデータベースと呼ばれ、オンライン上のサーバーにアクセスする形のデータベースです。

NAVERまとめの最新情報を掲載しました。

データベースとは、様々な種類のデータを一つの型、所謂サーバーに収め、データを引き出しやすくする仕組みのことです。



それをオンラインサーバー上で可能にしたのがクラウドデータベースというわけです。



たくさんのクラウドデータベースがありますが、その中にAWSというサービスがあります。

AWSはAmazon Web Servicesの略称で、簡単に言うとアマゾンが運営するウェブサービスです。
このサービスはデータベースだけのサービスではなく、様々なクラウドのインフラがそろったサービス群でクラウドデータベース以外にも多くのクラウドサービスがありますが、データベースに焦点を当てて見てみます。

AWSのデータベースサービスの主な機能は、個人のデータベースでは大変なデータの管理タスクを肩代わりしてくれるというものです。これにより、ソフトウェアやアプリの開発者はデータベースに追われずに集中して開発を行うことができます。

また、その他既存のクラウドデータベースサーバーのデータ形式にも対応しているのでシームレスにデータ移行をすることができるほか、自動的にバックアップもするので、データベースとして致命的なデータの損失の心配もしなくてもよさそうです。AWSはそのほかにもデータベース関連に強いサービスがあるので総合的に見てもとても優秀なサービスだと思います。